スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂いた賛同メッセージ、その(6)

***7月20日現在、賛同人304人(匿名、5人)・団体29です***

・匿名
京都の6・13緊急行動にも賛同しました。
本当に、在特会のやっていることが悲しくて悔しいです。。あのような排他運動を放っておけません。国籍や人種で差別し、基本的人権を著しく侵害するなんて・・・!日本はそんな国になってはいけない。国際化云々言って偉そうに海外に出ていくだけでなくて、国内で「真の国際化」を目指すべきです。遠方にいるので行動には参加できませんが、応援・お祈りしています。がんばりましょう!

・沖縄とむすぶ市民行動・福岡
「在日特権」なるものが存在するとしたら、それは在日米軍です。安保条約・地位協定で守られ、犯罪やらかしても原則基起訴されず、「思いやり予算」で我々の税金を湯水のように使い…。在特会の連中は、在日米軍に対しては「出て行け!」と言わないのか?

・佐々木祐(大学教員) 
こうした、排外主義・人種主義の蔓延を食い止めるためには、地道でねばり強い抵抗と、日常的な連帯の構築が大切だと考えています。
在特会そのものは、醜く、哀れな集団ですが、彼らの活動を野放しにするような社会に対しては、強い危機感を覚えます。当日は参加できませんが、京都より応援しております。

・功能大輔
当日は参加できませんが、在特会なる連中の隊列をズタズタにされんことを願います。共に闘いましょう。

・村上 力(日刊ベリタ)
いじめっ子はよくないが、無視するのもよくない。勇気を出して。応援してます。

・・藤巻謙一(沼津エスペラント会)
自分で作った幻想にふりまわされる絶滅危惧種:にんげん。

・草加耕助(サイト『旗旗』主催)
「障害者」や「朝鮮人」という言葉を、まるで軽蔑語や罵倒語であるかのように使用して全く何の疑問も抱かない、いや、むしろ得意になってその動画を世界に配信している在特会こそが、実は「日本人の恥」以外の何者でもありません。私たち日本民衆の良心を代表して抗議行動に立ち上がられた皆様には心からの敬意を表したいと思います。先日の京都行動でも、とりわけて抗議しているわけでもない、ただの通りすがりの市民が在特会の自称「デモ行進」を指して、「こいつら最低やな」と雑談しながら歩いていったのが目撃されています。逆に抗議行動側には通りかかった高校生の集団がいっしょに抗議の声を在特会に浴びせたり、午前中の抗議デモには50人もの飛び入り参加がありました。日本の民衆はこちらが赤面するような在特会の酷い差別や人権侵害を絶対に許してはいないのは明白です。誤解さえされずに正しく双方の主張が明らかになれば、民衆は完全に私たちの味方であり、皆さんはその代表です。どうか自信をもって頑張ってください。

・鈴木雅子(静岡)
弱い者同士が差別・排斥しあうことを一日も早くやめましょう。






スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。