スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月20日当日の行動より

自慰は部屋で!

トモダチほすぃー

困った連中

プラカード

共に生きる

共に自由に生きる!分断・差別・排除をやめろ!

困った連中

日本自慰
スポンサーサイト

お礼とご報告

声明に賛同いただいた全国の仲間のみなさん、そして当日行動に参加してくれたみなさん、ありがとうございました。7月20日の「排外主義によく効く表現行動実行委員会」の抗議行動は無事に貫徹できました。

13:30ごろ、ビラマキ&マイクアピールをやっていた私達の現場に、本来道路の向い側のやや離れた地点で情宣をやる予定だったはずの在特会が、汗にまみれた会長の桜井さんを先頭に拡声器で吠えながらわざわざ近付いてきました。桜井さんは口から泡を飛ばして私達の仲間をまず「ゴキブリ」呼ばわりして、お腹を突き出してジリジリにじり寄ってきました。彼らは、私たちを「道路交通法を守らない犯罪左翼」であるとなじり、「なぜ警察は左翼を逮捕しないのか」と随分苛々していたようです。でも、私たちは一般の交通秩序を乱していたわけでも、条例の範囲を越えた騒音を出していたわけでもありませんし、ビラをまくときには道路使用許可がいるという法律も、私達の知る限りはありません。まぁ、しかし在特会の方々は、自分達に抗議するような人間はこの社会にいて欲しくないので、すべて違法な犯罪者ということなのでしょう。彼らはしばらく私達を取り巻いて大騒ぎを起こした挙げ句に、「福岡県警はなっとらん」と捨てゼリフを残して立ち去りました。

15:15分ごろ、在特会のデモが、私たちがビラマキ&抗議のアピールをしていた地点の側を通過しました。私たちは総勢30名ほどで、「排外主義は戦争への道」などと書いたプラカードをそれぞれ掲げて、「犯罪左翼を博多湾に叩き込めぇ」というご当地バージョンの凝ったセリフを繰り返す在特会のデモに対して無言で抗議しました。こちらが黙っていればいるほど、私達に罵声を浴びせる在特会のデモの「痛々しさ」が痛感されるようでした。デモには随分若い人達の参加も目につきました。デモの隊列から私達にあらゆる罵声を浴びせる彼ら彼女ら、特に若い参加者の表情は、私たちにはややショッキングなものでした。私たちの仲間からは「あの若者たちはなぜあれほどの憎悪を抱えているのだろうか?」という慨嘆の声が漏れていました。まるで、自らを圧迫する経済社会状況の不安に耐え切れなくなった人間が、その原因となる「外敵」を見出したことで制御不能の興奮状態に達し、身体ごとの断末魔を上げる…あれは少なくともそんな光景を予感させる声と表情でした。在特会は、私たちが「(暴力行為を反省して?)うつむき加減にプラカードを掲げていた」とホームページで報告していますが、確かに、私たちの抗議行動の参加者の中には、思わず彼らから目をそむけた人や、余りの痛々しさにうなだれてしまった人がいたとしても不思議ではありません。在特会は在特会で、私たちに対して「お前ら恥ずかしくないのか!」などと罵倒していましたし、このような評価はとかく「お互い様」であると思われがちだということは承知しています。在特会のデモを撮影したビデオもありますので、遠くないうちにこれらをネット上などにアップできれば、その雰囲気は改めてよく分かっていただけるだろうとは思います…。

私たちは「私たちの抗議行動が勝利した」などと声高に宣伝する必要は感じません。その場を目撃した市民の方には、私達と「在特会」の違いをはっきり理解した方もいただろうと思います。行動後の集会では、韓国からの留学生から「彼等の論理によれば私も潜在的な犯罪者です。しかし外国人のいない日本なんて考えられないはずでしょう」との発言もありました。とにかく私たちは、資本や国家によって生活や労働を翻弄されていることからくる不安を、外国人に対する排外主義や差別によって解消しようとする、在特会のような卑劣な言動を黙認することはできません。実行委員会は本日の行動をもって解散しますが、ビラを受け取ってくれたみなさん、「へだてなくみんなで生きていきましょう」という声に賛同した街の人たちとともに、今後も排外主義、差別に対する闘いを続けてゆかねばなりません。私たちの言論、行動、表現が、いまからの社会の帰趨を決めます。そしてナショナリズムや排外主義をめぐって、この社会は決して楽観できる状況にはないと改めて思います。

改めて今回の行動に賛同の声をよせていただいたみなさん、参加していだいたみなさん、さまざまなかたちで協力していただいたみなさん、ありがとうございます。なお、実行委員会は解散しますが、当ブログには、当日のビデオその他の資料、関連する情報等の掲載を続ける予定です。

排外主義によく効く表現行動実行委員会(福岡)

7・20排外主義に抗議する表現行動への参加・声明への賛同を!

<行動の予定>

雨天強行!
★7月20日(月祝) 14:30~@天神コア前(ビラまき&排外主義によく効くアピール → その後、在特会デモに対するサイレントプロテスト@旧岩田屋前)  ※当日は13時ぐらいからビラまきなどやっていると思いますので都合がつくかたは早めに参加を。ビラまきまくりましょう。

※排外主義によく効くメッセージを書いたプラカードその他持参歓迎!


<当日の行動について>
※7月11日および7月20日は、当ブログ上で公表している実行委の声明案を元にしたビラを配布し、差別や排外主義に反対する意志をアピールします。

※20日には、私達の行動の現場から、在特会のデモ行進が一定の距離で見える時間帯があるものと思われます。「排外主義を許さない」というメッセージを、主に一般市民の方に対して訴えつつ、在特会に対しても一定の抗議の意志を伝えることが、今回の行動の趣旨ですが、実行委としては、在特会のデモ行進等を実力によって妨害すること、および在特会主催のデモに参加している人々を挑発すること等を主目的とした言動には反対します。以上を御理解のうえ、是非抗議行動に参加してください。

※在特会は自分達に反対する人間は全て「朝鮮人」「極左」などと呼んでバカにする動画をネット上に上げて悦に入る集団ですので、当日私たちの行動に対する撮影も予想されます。顔を写されたくない方は行動への参加にあたって、各自で工夫をお願いいたします。



きたる7月20日に「在日特権を許さない市民の会」と称する差別・排外主義団体が福岡で「外国人参政権反対」のデモをするとの情報を得て、かれらによって醜悪な言動が福岡でもまきちらされることを憂慮した有志により、対抗行動のための組織として「排外主義によく効く表現行動実行委員会」が組織されました。

実行委は下記の通り声明を発表し、在特会の集会とデモ、およびそれに象徴される日本社会にはびこる差別と排外主義に抵抗し、そして「共に自由に生きる」社会へ向かう私たちの意志を示すための表現行動を行います。思いを同じくする大勢のみなさんの声明への賛同と行動への参加をお願いします。


※賛同していただける方は、下記情報を実行委まで下記メールにてお知らせください。
yokukiku720(a)gmail.com  ※(a)をアットマークに変換してください。スパムメール対策です。御理解のほどお願いします。


<賛同メッセージ>

「排外主義によく効く表現行動実行委員会」の声明に賛同します。

お名前(所属など):

ひとことメッセージ:


【声明】

私たちは共に自由に生きる!
差別、分断、排除をやめろ!



2009年4月11日、埼玉県蕨(わらび)市で、不法滞在を理由として両親が強制送還され、日本政府により家族と別れて暮らすことを強いられた女子中学生の自宅・学校周辺に押しかけたうえで、「犯罪外国人は家族もろとも日本から出ていけ」などと主張する卑劣なデモがありました。このデモを主催したのは「在日特権を許さない市民の会(在特会)」であり、この団体は、外国人を共生すべき他者としてではなく「潜在的な犯罪者」とみなして差別し、「ヨーロッパ人やアメリカ人は受け入れられるが、朝鮮人や中国人はどこにでもいて、他の人種よりも百倍も犯罪をひき起こしているからダメだ」「韓国人は対馬にムクゲの花を植えて対馬を乗っ取ろうとしている」「行政と結託した極左暴力集団が我々の国民運動をつぶしにきている」というような、強迫観念にとりつかれたとしか思えない発言を繰り返しています。在特会は現在、そのような強迫観念にかられるように外国人参政権に反対するデモを全国各地で行っており、7月20日には福岡でもデモ行進を企画しています。

私たちを含め多くの人が、格差や貧困がひろがるこの社会のなかで、さまざまな不安を抱えて生きることを強いられています。在特会に集う人々は、そのような不安を取り除くため、想像の中で純粋無垢な「日本」を描き、そこに精神的な拠り所を見出し、その拠り所を「外敵から守る」という妄想にかられた言動を繰り返しているのでしょう。インターネット上で「ガイジンとサヨク」を馬鹿にする動画を公開して悦に入っている在特会…底無しに哀れです。

しかし、かれらがいかに哀れな連中であるにしても、在特会のような動きは、現在の日本において人々の生や労働が不安定化し、分断と格差が生じる現実を覆い隠すために「日本人」という人種的なまとまりや「国民としてのプライド」をでっちあげてゆく政治に連なるものであり、見過ごすことはできません。在特会のような排外主義は、好景気の時には外国人労働者をさんざんこき使い、不要になった分だけ潜在的犯罪者として排除するようにして、次々と改悪されている日本の入国管理政策とも連動しています。また私たちは、社会が流動化・不安定化する中で不安心理にかられた日本人が事実無根の疑いを「外国人」にかけてリンチ・虐殺にまで至ってしまった余りにも悲痛な歴史を知っているはずです(関東大震災時など)。在特会の吐く数々の醜い言葉には、紛れもなく虐殺の予感が潜んでいると言わねばならないし、「同じ土俵に乗るな」と言って放置していれば済むものだとは思えません。たしかに私たちは、在特会に集う人々の妄想などとは何の関係もない、多様な生をつなぎ、他者と共生する文化・社会の創造をこそ目指していますが、あのような排外主義者たちの醜悪な発言が公共空間で垂れ流されることを黙認することはできません。

私たちはみな、この資本主義社会の中で他者と分断され、競争することを迫られ、力を持つ国家や金を持つ企業によって翻弄される不安定な貧民であり、労働者です。私たちはそのような力や流れに抵抗するためにも、分断線を乗り越えて他者と繋がり、共に自由に生きてゆくことを目指します。私たちは排外主義に対する反対の意志を表明し、多様な生をつなぎ、有象無象の他者とともに新しい文化・社会を作ることを目指す表現行動を行います。7月20日の行動への多くの方の参加と賛同を呼びかけます。

2009年7月7日 排外主義によく効く表現行動実行委員会(福岡)



<行動の予定>

★7月11日(土) 午後6時~ @天神コア前(ビラまき&排外主義によく効くアピール)

★7月20日(月祝) 14:30~@天神コア前(ビラまき&排外主義によく効くアピール → その後、在特会デモに対するサイレントプロテスト@旧岩田屋前
  ※当日は13時ぐらいからビラまきなどやっていると思いますので都合がつくかたは早めに参加を。ビラまきまくりましょう。

※排外主義によく効くメッセージを書いたプラカードその他持参歓迎!


<当日の行動について>
※7月11日および7月20日は、当ブログ上で公表している実行委の声明案を元にしたビラを配布し、差別や排外主義に反対する意志をアピールします。

※20日には、私達の行動の現場から、在特会のデモ行進が一定の距離で見える時間帯があるものと思われます。「排外主義を許さない」というメッセージを、主に一般市民の方に対して訴えつつ、在特会に対しても一定の抗議の意志を伝えることが、今回の行動の趣旨ですが、実行委としては、在特会のデモ行進等を実力によって妨害すること、および在特会主催のデモに参加している人々を挑発すること等を主目的とした言動には反対します。以上を御理解のうえ、是非抗議行動に参加してください。

※在特会は自分達に反対する人間は全て「朝鮮人」「極左」などと呼んでバカにする動画をネット上に上げて悦に入る集団ですので、当日私たちの行動に対する撮影も予想されます。顔を写されたくない方は行動への参加にあたって、各自で工夫をお願いいたします。


続きを読む

7・11 対抗アクション第一回目

7月11日、「排外主義によく効く表現行動実行委員会」による第一回目の対抗
アクションとしてビラ配布とアピールがおこなわれました。ブログ上から情報を
得て参加してくれた方なども含め、雨の中でしたが総勢20名ほどが参加しました。

★まだまだ賛同募集中です!

711

全国の「仲間」のみなさんへ

さっそく、賛同を寄せて頂いたみなさん、どうもありがとうございます!!
<地理的な>距離があろうがなかろうが、「想い」はみなさんと共に。

また賛同名の方(7月12日現在:個人213名、11団体)は、1番目のエントリーの「続き」を御覧下さい。
そしてタイトルの「仲間」とは、可視・不可視を超えての意味です。
f66a.jpg

***みなさんから頂いた「連帯」メッセージも今後掲載していきます。掲載が遅れ大変申し訳ありません。頂いた数々のメッセージを読んでいますと、声明文にあるように「私たちは共に自由に生きる!」と言う言葉をもっともっと至る所で<断言>したくなります、共に。
「共に」とは言辞としては陳腐かもしれませんが、実行としては新鮮なものだろうと思います。***
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。